エイムプレイスの河上隼人氏について

さらなる発展を求めてもう一手を打つ

ハヤトマンチャンネル「SEOマーケターとして転職する際に推すべきスキル」 河上隼人は1980年生まれの団塊ジュニア世代であり、昭和から平成から令和に駆け抜けたビジネスパーソンです。
バブル崩壊からの20年の空白を創業者として経営者として過ごし、実績を残しているだけで優れた経営センスがあることが分かります。
決して恵まれた時代ではなかったからこそ、磨かれたビジネススキルを武器に新たなプランを実行に移してきました。
それには前述した自由人的な発想力や、アクティブな行動力がバックボーンとして支えになったはずです。
どんな時代でも工夫を重ねてニーズを読み取り、実際形にするために修正を繰り返しながらマネタイズ出来るビジネスを誕生させることは困難なことになります。
誰もやったことのないビジネスを展開したいという目標を持ち、おもしろさとサービスを両立させることが河上隼人のミッションであると代表の自己紹介で述べているのです。
沿革的には2010年に操業して有料紹介の事業を行いつつ、求人では美容外科を紹介するサービスを始めました。
現在ではこうした医療系や美容系に特化したサイトも多くありますが、2010年スタートでは数少ないパイオニアとして正に誰もやったことのないビジネスだったのです。
さらに有名な検索サイトのリスティング広告の代理を行う広告代理店機能にも挑戦し、成果を上げて正規代理店に昇進します。
数多くの事業を展開したことにより会社規模が大きくなり、事業所の社屋を移転するという前向きなニュースには河上隼人も大きな手ごたえを感じたはずです。
時代はパソコンの利用者と同じぐらいにモバイル環境を重視する必要性が生じたために、スマートフォン向けのサイトを整備したことは時代にマッチングさせた取り組みだと言えます。
さらに全身脱毛系のレビューサイトを運営したり、アパート経営のノウハウサイトなどを展開したことは時代の嗅覚として正しい経営判断でした。
こうして美容系や経営系や人材紹介などを柱にして成長し、さらなる発展を求めてもう一手を打つことが周囲も河上隼人自身も希望していることが想像出来ます。

エネルギッシュな経営者 : さらなる発展を求めてもう一手を打つ : 美容系の情報サービスが好評